墓参りに行けない時の供養方法

 

遺骨ペンダントなら【手元供養本舗】

 

供養の方法はいくらでもありますが、オススメなのは『ペンダントを使った手元供養』

 

ヨーロッパでは遺骨を専用のロケットペンダントに入れて供養するのがポピュラーでなかなか墓参りに行けない人に日本でも、少しづつ流行していきています。

 

墓参りに行けない時の供養方法

 

『なにをばかな!ここは仏教大国の日本だぞ!!』

 

『墓参りしてこそ、供養というものだ!』

 

『お盆にも手を合わせに行かない罰当たりが何をいうか!!』

 

 

 

行ける人はいいですよね。ですが、中には行きたくても行けない人がいます。

 

 

お金がなかったり…

 

遠かったり…

 

体が不自由だったり…

 

忙しかったり…

 

 

人には様々な事情があります。
それに供養とは、ある種、自己満足的な要素でもあります。
そもそも、供養の形は自由なのです。

 

 

上記の事情の人達でも供養を気軽に行えるのがペンダントを使った

 

『手元供養の良さ』

 

 

大切な家族やペットの一部の入っているペンダントを

 

時には握り…
時には祈り…
毎日身に付ける…

 

供養したいときに出来るので、遺族を弔えますし何より、生き残っている人の心のよりどころになります。

 

▽▽▽詳しくはコチラ▽▽▽

遺骨ペンダントなら【手元供養本舗】

 

 

ペット供養の流行りは骨入れ!

人間と比べてワンちゃんや猫ちゃんの命はあっという間に散ってしまいます。

最近のペット供養ブームは、ロケットペンダントに愛するペットの遺骨を入れて大事にすること。

防水性に優れていますし、これならいつでも一緒、身近に感じられると評判です。

もちろん、人間遺族の骨を入れても法律的にも仏教的にもまったく問題ありません。