供養の仕方(挨拶)

 

供養の仕方(挨拶)

 

朝起きたら『おはよう』の挨拶は欠かせませんよね?
それは故人に対しても言えることです。

 

朝起きたら仏壇の扉を開けてご先祖さんなどにごあいさつ。

 

日本は一拝・二拍手・一拝(拍手はチョンチョンと小さく)が一般的ですが、その他仏教などのやり方で結構です。

 

人には産まれた時から視えない災いから守ってくれている守護霊の他、亡くなった家族、ペットがあなたを全力でサポートしています。

 

一日の終わり、夜になって休む前に、その日いろいろと悪いものから守って頂いたお礼、感謝を申し上げてあいさつを終え、仏壇の扉を閉めして最後に“明かり”を消します。 

 

供養を怠ることがなければ、守護霊達の力が強くなり、強力な邪悪なものからもあなたの身を守ってくれることでしょう。

 

 

どんな時でも供養が出来る、守ってもらえるペンダントは↓

▽▽▽詳しくはコチラ▽▽▽

遺骨ペンダントなら【手元供養本舗】

 

ペット供養の流行りは骨入れ!

人間と比べてワンちゃんや猫ちゃんの命はあっという間に散ってしまいます。

最近のペット供養ブームは、ロケットペンダントに愛するペットの遺骨を入れて大事にすること。

防水性に優れていますし、これならいつでも一緒、身近に感じられると評判です。

もちろん、人間遺族の骨を入れても法律的にも仏教的にもまったく問題ありません。