供養の仕方(遺影の飾り方)

 

供養の仕方(挨拶)

 

亡くなられてから四十九日を迎えるまでは、写真を飾ったり、してもかまいません。
四十九日間は、まだこの世に止どまっていて、幽界の修行に入っていないからです。

 

ですが、四十九日後に遺族の方が遺影を見るたびに、亡き人を思い浮かべる事で、その想いの念波が、この世の執着などを取ろうとしている、故人や先祖の方々の邪魔になります。

 

例外としてお彼岸・お盆と命日は、仏壇や位牌を通して子孫に会いにくるので、これらの時には故人の写真を飾っても支障はありません。

 

供養を怠ることがなければ、守護霊達の力が強くなり、強力な邪悪なものからもあなたの身を守ってくれることでしょう。

 

どんな時でも供養が出来る、守ってもらえるペンダントは↓

▽▽▽詳しくはコチラ▽▽▽

遺骨ペンダントなら【手元供養本舗】

 

ペット供養の流行りは骨入れ!

人間と比べてワンちゃんや猫ちゃんの命はあっという間に散ってしまいます。

最近のペット供養ブームは、ロケットペンダントに愛するペットの遺骨を入れて大事にすること。

防水性に優れていますし、これならいつでも一緒、身近に感じられると評判です。

もちろん、人間遺族の骨を入れても法律的にも仏教的にもまったく問題ありません。