知らないと罰当たり!供養の仕方(必要な仏具)

 

供養の仕方(挨拶)

 

最低限、供養に必要な仏具としては、三具足(さんぐそく)〈ローソク立て・香炉・花立て〉と、他には明かり用の電球か蛍光灯、おリン、お膳一式です。

 

中でも、欠かせないローソクとお線香ですが、煙で、薄暗い仏壇の中や位牌がすすけて汚れるのでなるべくキレイを保ってください。

 

供養を怠ることがなければ、守護霊達の力が強くなり、強力な邪悪なものからもあなたの身を守ってくれることでしょう。

 

どんな時でも供養が出来る、守ってもらえるペンダントは↓

▽▽▽詳しくはコチラ▽▽▽

遺骨ペンダントなら【手元供養本舗】

 

ペット供養の流行りは骨入れ!

人間と比べてワンちゃんや猫ちゃんの命はあっという間に散ってしまいます。

最近のペット供養ブームは、ロケットペンダントに愛するペットの遺骨を入れて大事にすること。

防水性に優れていますし、これならいつでも一緒、身近に感じられると評判です。

もちろん、人間遺族の骨を入れても法律的にも仏教的にもまったく問題ありません。