四十九日の間に手元供養すると成仏できない?

 

▽▽▽詳しくはコチラ▽▽▽

遺骨ペンダントなら【手元供養本舗】

 

 

日本では「四十九日」というのが一般的ですよね。

日本では仏様となった故人は「四十九日後に成仏する」というのが一般的ですよね。

 

仏教では霊界にたどり着いた仏様は四十九日までの間に閻魔大王から裁きを受け、四十九日後に極楽浄土へ行けるかどうかの判定が下るという、仏教の供養の一部です。

 

 

ここで疑問なのは 「四十九日前に遺骨を分骨し、身につけたり、自宅に保管すると亡くなった人やペットは成仏できないのではないか」とご不安な人もいると思います。

 

率直に結論をいいますと、仏教やその他宗教において、分骨して手元に遺骨を置くことによって成仏できないという教えは存在しませんので、どの宗教の方でも安心して手元供養できますが、家族の理解が得られないとゴタゴタの原因にになることもありますので、家族の方とよくご相談されてお決めることをオススメします。

 

 

▽▽▽詳しくはコチラ▽▽▽

遺骨ペンダントなら【手元供養本舗】

 

ペット供養の流行りは骨入れ!

人間と比べてワンちゃんや猫ちゃんの命はあっという間に散ってしまいます。

最近のペット供養ブームは、ロケットペンダントに愛するペットの遺骨を入れて大事にすること。

防水性に優れていますし、これならいつでも一緒、身近に感じられると評判です。

もちろん、人間遺族の骨を入れても法律的にも仏教的にもまったく問題ありません。