ペットの供養方法は遺骨ペンダントがオススメ!

いぬねこ

人間が亡くなったのなら葬式をあげてお墓に入れて、お布施を入れて、坊さんにお経を唱えて供養してもらいますが、ペットはそうはいきません。実際にペットが亡くなってから

 

『どうしたらいいのかわからない』という人は意外と多いものです。

 

ほとんどの人は一軒家であれば、庭にそのまま埋めるか、ペット病院で引き取ってもらうことでしょう。ペット専用の胡散臭い葬式なんてのも時代とともに出来ていますが…

 

 

でも、これで本当に犬や猫など、ペットの供養になっているのか?

 

どうしてもペットの場合、供養がいまいち物足りないですよね?

 

そこでオススメなのが遺骨をロケットペンダントに入れて身近に身に付ける『手元供養』。
大切なペットがいたことを忘れない、それが、最高の供養の形ではないでしょうか。

 

▽▽▽詳しくはコチラ▽▽▽

遺骨ペンダントなら【手元供養本舗】

 

 

 

ペットの供養方法は遺骨ペンダントがオススメ!

 

手元供養本舗をオススメする理由

いぬねこ

手元供養本舗のペンダントは、自由なメッセージを刻印できますし、見た目も非常にオシャレ。

 

金属アレルギーも考慮して、医療用メスに使われるサージカルステンレスを採用。
金属に触れると肌が赤くなったりする人にオススメです。身に付けるものですからね。

 

 

そしてなんといっても、全額返金保証があることに尽きるのではないでしょうか?

 

購入後、不具合があったり、デザインが思っていたのと違うなど、買ってから30日間以内は
返金保証を受けられますので、失敗のない買い物が出来るからです。

 

 

 

日本ではあまり馴染みがありませんが、ヨーロッパのほうではメジャーな供養方法です。

 

最近の北欧インテリアのブームでひそかに話題となってきた
遺骨ペンダント。自由供養ですので仏教でもOK。
もちろん、家族が亡くなった場合でも使用できますよ^^

 

 

▽▽▽詳しくはコチラ▽▽▽

遺骨ペンダントなら【手元供養本舗】

 

 

ペット供養の流行りは骨入れ!

人間と比べてワンちゃんや猫ちゃんの命はあっという間に散ってしまいます。

最近のペット供養ブームは、ロケットペンダントに愛するペットの遺骨を入れて大事にすること。

防水性に優れていますし、これならいつでも一緒、身近に感じられると評判です。

もちろん、人間遺族の骨を入れても法律的にも仏教的にもまったく問題ありません。