猫・犬・うさぎ・鳥、ほとんどのペットはアナタよりも先に死んでしまいます。

 

悲しいけれどその後に残るのは現実問題、死んだ時の遺体をどうしたら良いのか?市町村に届け出などは必要なのか?とどうしたらよいかわからないものです。

 

 

まず、国や市町村などに対して届け出が必要になってくるのか?に関しては、現段階では特に規制や法律はないようです。

 

庭付き一軒家をお持ちの方のほとんどは、遺体と一緒に生前愛用していたものなどを庭に埋めてあげるのが一般的です。ですが埋めた後に臭いが出て苦情が来る場合があるのでご注意。

 

その場合、ゴミ処理場で焼いてもらって遺骨を箱に入れて埋めると良いでしょう。焼却費用としては一万円前後でできると思いますが、各市町村の施設に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

マンションやアパートの方ですと、ペットの死に間際、動物病院に連れていき、安楽死を望んだり無くなった後に病院の方で遺体を処理してもらったりしてもらうことが多いようです。

 

 

遺骨をペンダントに入れていつでも一緒♪

▽▽▽詳しくはコチラ▽▽▽

遺骨ペンダントなら【手元供養本舗】

 

ペット供養の流行りは骨入れ!

人間と比べてワンちゃんや猫ちゃんの命はあっという間に散ってしまいます。

最近のペット供養ブームは、ロケットペンダントに愛するペットの遺骨を入れて大事にすること。

防水性に優れていますし、これならいつでも一緒、身近に感じられると評判です。

もちろん、人間遺族の骨を入れても法律的にも仏教的にもまったく問題ありません。