犬の痴呆の介護方法

「痴呆」や「認知症」などの症状は人間だけではなく犬にも訪れます。

 

 

犬の痴呆の症状としては

 

  • 自分で上手に食べ物を食べられない
  • 気に入らない時に吠える傾向にある
  • 指示を聞かない
  • 意味不明な行動をする

 

今まではちゃんと出来ていたのに、このようなアクションが目立ってくるようでしたら痴呆の可能性が高くなってきます。

 

ひとつの考え方として痴呆は赤ちゃんに還ると言われています。

 

 

もっとも人間のお年寄りが痴呆になって、でかい図体で赤ちゃんのような行動を取るよりも犬の痴呆は可愛いもの。天国に行くまで愛情を注ぎたいものです。

 

 

 

痴呆犬の介護方法

噛まなかった犬が突然、痴呆によって噛み付いてきたりする危険性があります。

 

自分や家族がかまれるのは嫌ですが、他人に噛み付いた場合は大変です!散歩のコースは人通りの少なくなるべく道の広いコースで回避しましょう。

 

上手にご飯を食べられなく、衰弱していく可能性もあるためちゃんと食べているかをチェックするのもお忘れなく。

ペット供養の流行りは骨入れ!

人間と比べてワンちゃんや猫ちゃんの命はあっという間に散ってしまいます。

最近のペット供養ブームは、ロケットペンダントに愛するペットの遺骨を入れて大事にすること。

防水性に優れていますし、これならいつでも一緒、身近に感じられると評判です。

もちろん、人間遺族の骨を入れても法律的にも仏教的にもまったく問題ありません。

犬の痴呆の介護方法関連ページ

老犬の夜泣きを治す
可愛いペット犬は人間よりも先に歳を取り、人間と同じように介護が必要となってきます。ここでは【老犬の夜泣きを治す】についてレクチャーしております。
老犬のペットが無反応
可愛いペット犬は人間よりも先に歳を取り、人間と同じように介護が必要となってきます。ここでは【老犬のペットが無反応】についてレクチャーしております。